ショートステイとは?

ショートステイ(短期入所生活介護)とは、要介護者が施設に期間限定で短期間入所し、日常生活のお世話や機能訓練などを受けることのできる介護サービスです。 基本的に、医療的なサービスを受けることはできません。

ご利用について

主なサービス内容

  • 食事、入浴、排せつなどの介護
  • 個別機能訓練(リハビリ施設ではないため、機能訓練室はありませ ん) ※4日以上、ご利用の方のみの適用となります。
  • 作業活動(ご本人の状態や季節により、内容は異なります)
  • ボランティア行事への参加
  • 心身の機能維持・改善
  • 栄養管理の指導など

対象者

要介護1~5の方

ご利用期間/料金

要介護認定区分、限度額認定等によって異なります。 ご利用者に合わせた利用期間/料金をご説明いたしますので、 当施設の相談員・ケアマネージャーにご相談ください。

どんな時にショートステイを利用したらいいの?

ショートステイ(短期入所生活介護)は、要介護者のためのサービスである以上に、介護を行っているご家族のためのサービスだと私たちは、考えています。介護する側が体調を崩してしまったり、旅行や冠婚葬祭、出張などで不在のときはもちろん、介護を一休みしたいというときにも利用することで、日頃、介護のために疎かになりがちな自分の時間を持つことが可能です。 長年一緒に暮らしてきた自分の親を介護している場合でも、24時間365日体 制で一緒にいると、どうしてもストレスが溜まってしまうものです。また、ご本人もご家族も家族だからこそ、感情的に接してしまう事があると思います。そのため、ご本人と介護者の双方の気分転換をはかるという意味でも、状況が許すようなら積極的にサービスを利用することをオススメします。1〜2週間以上連続してサービスを利用するような場合は、ときどき面会に行ってコミュニケーションをはかることで自宅に戻ってからの関係性をより保ちやすいと思います。 高齢になるにつれて、環境の変化への適応は難しくなります。将来的に特別養護 老人ホームなどへの入居を考えているようなら、集団生活の練習という意味でもショートステイを何回か利用してみると良いでしょう。最初は、環境が変わるのを嫌がっても何回か短期入所を繰り返すうちに、次のショートステイを心待ちにするようになったという話も、珍しくありません。
都市型軽費老人ホームは入所条件は、江戸川区に住民票があり、60歳以上で低所得かつ家族による援助が難しく、身体機能の低下などにより自立した日常生活が困難な方となります。

在宅での自立支援介護

高齢者の方は特に日常の動作が自分の力では困難な状態になると、精神的な張りを失い、弱気になりがちです。そのため、できるだけ本人の能力を生かした介護を支援できるようにこころがけると身体的にも精神的にも健康的な生活を維持できます。
「自分でする」という目標を持つことは生活への意欲を高め、たとえ部分的であったとしても、その目標の達成が自信と満足感をもたらします。
また、介護が必要となったために、趣味などを我慢したり、あきらめたりする方も少なくありません。生活の不自由さに埋没しているその人らしさを引き出す支援を、介護者は心がけましょう。暮らしの中に楽しみを持つことは、生活への意欲につながります。

ご本人が介護を受けて日常生活を送ることができるのも、介助者が健康であってこそです。 介護のことでお困りの方は、一度各施設の相談員・ケアマネージャーにご相談ください。